介護保険の利用手続きの仕方

介護サービスを利用したいときは、まず市区町村の窓口で申請して『要介護認定』を受けましょう!

そもそも要介護認定ってなに?

介護サービスの利用を希望する人が、介護保険の対象となるかどうか、またどのくらいの介護を必要とするか公平に判定するものです。

申請する

  • 申請に必要なものは?…『申請書』(申請の窓口にあります)と介護保険の『保険証』を提出します。40歳~64歳の方(第2号被保険者)は医療保険の保険証が必要です。
  • 更新の申請…引き続きサービスを利用したいときは、認定の有効期限が過ぎる前に『更新』の手続きをしましょう。(有効期限内に、心身の状況が変化した場合などの認定の『変更』を申請できます)

要介護認定

  • 訪問調査…市区町村が委託する調査員から、心身の状態について、聞き取り調査を受けます。
  • 主治医の意見書…市区町村の依頼より主治医が意見書を作成します。
  • 認定審査会…『コンピューターによる判定』と『主治医の意見書』『訪問審査による特記事項』をもとにどのくらいの介護が必要かなどを、保健・医療・福祉の専門家が審査します。
  • 認定…認定審査会の判定に基づいて市区町村が認定をします。介護が必要な度合い『要介護度』と、保険で認められる月々の利用限度額などが決まり、本人に通知されます。

結果の通知

介護給付…要介護1,2,3,4,5

予防給付…要支援1,2

自立(非該当)…介護保険のサービスは利用できませんが、市区町村の保健・サービスや介護予防事業などを利用できることがあります。

負担割合について…交付される『介護保険負担割合証』に記載される内容により、負担割合が決定します。

サービスを選ぶ

  • 予防給付
  • 介護給付

ケアプランを作る

  • 『予防給付』…地域包括支援センターの担当者と相談しながら介護予防サービス計画を作ります。
  • 『介護給付』…指定居宅介護支援事業者のケアマネージャーと相談しながら介護サービス計画を作ります。

サービスの利用

サービス事業者と契約を結び、ケアプランに沿ってサービスを利用します。