認知症高齢者の現状

高齢者の約4人に1人認知症の人又はその予備群です。

高齢化の進展に伴い、認知症の人はさらに増加し、 2012年には462万人で、 2025年には約700万人と予想されています。

認知症の人を単に支えられる側と考えるのではなく、認知症の人が認知症とともによりよく生きていくことができるような環境整備が必要になっていきます。

 厚生労働省  新オレンジプランを発表

認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指す。これがオレンジプランです。そして下記の7つの柱に沿って推進してくようです。

1.認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進
社会全体で認知症の人を支える基盤になり、認知症の人の視点に立ち、理解を深めるための普及・啓発の推進を図ります。

2.認知症の容態に応じた適時・適切医療・介護等の提供
認知症の容態の変化に応じて適時・適切に切れ目なく提供し、認知症の人が住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができるようにします。

3.若年性認知症施策の強化
就労や生活費、子どもの教育費等の経済的な問題が大きいです。居場所づくり、就労・社会参加支援等の様々な分野にわたる支援を総合的に講じていきます。

4.認知症の人の介護者への支援
高齢化の進展に伴い、支援や介護者の生活と介護の両立を支援する取組を推進します。

5.認知症を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進
65歳以上高齢者の約4人に1 人が認知症の人又はその予備群と言われる中、生活支援(ソフト面)、生活しやすい環境の整備(ハード面)、就労・社会参加支援及び安全確保の観点から、認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進に取り組んでいます。

6.認知症の予防法、研究開発及びその成果の普及の推進
認知症をきたす疾患それぞれの病態解明や行動・心理症状(BPSD)を起こすメカニズムの解明を通じて、認知症の予防法、介護モデル等の研究開発の推進を図ります。

7.認知症の人やその家族の視点の重視
これまでの認知症施策は、偏りがちであったとの観点から、認知症の人の視点に立ち、認知症への社会の理解を深めるキャンペーンなど、認知症の人やその家族の視点を重視した取組を進めていきます。

徘徊【BPSD】高齢者について

認知症、または徘徊【BPSD】高齢者を取り巻く環境は少しづつ、そして確実に変化しつつあります。そのことを踏まえて今回は、家庭での関わり方にクローズアップし、特に【徘徊】について考えてみました。【徘徊】といっても漠然とイメージすることは、”室内や外を歩き回る””勝手に外に出てしまい帰ってこれなくなる”などといった事だと思います。

ただ実際には、

“自分の家にいながら家に帰ると訴える人もいます。このような人に、ここはあなたの家ですよといっても、なかなか通用しません。私はよく「家には、誰がいますか?」と尋ねるのですが、「父さんと、母さんと、姉さんがいる」というように、もう現実にはいない人のことをいうことがあります。このような場合は、自分が生まれ育った場所と、生まれ育った時代、いわゆる時間と空間を超えたところに帰ろうとしているのです。
居場所のなさによる徘徊では、自分の居場所がない、ここにはどうも馴染めない、ここは居心地が悪いなどと感じているため、出て行こうとします。
また不安感焦燥感から起こる徘徊の場合には、自分が何をしていいのかわからない、不安でしょうがないという理由から、歩き回ってしまうという行動が現れます。”~認知症と徘徊の理由(視点・論点)より~

引用元:  http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/

このように表面的な行動だけを看るのではなく、内面的な部分も理解し、本人の意思を尊重して接していくことが重要になります。

ただ、頭では分かっていても、簡単でないのが介護の世界です。

そのことで悩んでは、感情を出してしまう、声を荒げてしまう、そして自己嫌悪になり、と…様々な想いがあると思います。

 

そこで今回は、介護するご家族の負担を少しでも軽く出来ればと思い、こちらの商品を紹介してきたいと思います。

 

➡家族コール タイプA 【離床センサー】【徘徊感知器】

この商品はベッドから降りて床センサーを踏むと、無線で飛ばされた電波が別室の機械を通じて反応する仕組みになっています。

また、それ以外にも

ベッドセンサータイプや赤外線センサータイプもあります。

 

 

➡ベッドセンサー タイプB
【寝返りをうっただけでは鳴らないのでご安心を…】

 

赤外線センサー タイプⅭ

 

 

まとめ

今回の徘徊高齢者を救う!これさえあれば安心3点グッズ!

で、ご紹介した商品で、全てを解決することは難しいと思います。

ただ、この記事で少しでもご家族の負担が軽減出来ればいいなと思っています。

ちなみに、こちらの3点は介護保険を使うことで1割~2割の負担でレンタルが可能です。例えば月額6000円なら1割の600円2割なら1200円でレンタル出来ます〔金額はあくまでも例です〕

最初から購入となると、❝イメージと違う❞❝こんなはずじゃ❞などあるかもしれませんので、試しにレンタルで使用してみるのもいいかもしれません。大体1週間位なら無料でお試しできますので♪

詳しく知りたい方はケアマネージャーさんか、福祉用具専門相談員に確認してみて下さいね。